「カンペー」はもうカンベーだ!!

大人の事情で細かくは書けないけど

ザックリと「日本のサービス、物が欲しい」

そんな感じの視察だった。

 

自分の国の物は信用していないなしく

中国産よりは韓国

韓国産よりも日本産が人気みたいです。

 

そんな思いがあるので

日本で人気がある物を欲しがってますね。

 

延吉の街を歩いてビックリするのが

喫煙率が高いこと!

そして、至る所に灰皿がある!

エレベーターの中にまで灰皿があるなんて。。。

どんだけ吸うねん(笑)

 

車のマナーも凄いよー

歩道に乗り上げて駐車してるし

クラクションと割り込みは当たり前のめり!!

両側8車線の道路を横断したりしてね。

 

今回は通訳さんが付いてくれたので

不便は感じなかったけど

逆に英語は98%通じない!!

 

通訳さんに聞くと延吉の平均年収は150万円前後で

共働きが当たり前なんだけど

物価は日本と変わらないか少し高いと思う。

どうやって暮らしているのか?

それは、一人っ子政策だったので

一人の子供におじいちゃんおばあちゃん

親の4人で子供を育てるので

子供は思いっ切り使えるみたい。

 

子供服も高くても売れるし

日本のオムツも売れてる。

日本や海外にも留学させる人もけっこういる。

 

通訳の人も日本の大学院を出たので

流暢な日本語でストレス無く話せた。

 

そんな延吉なんでデパートや街も

急速に発展している感じだけど

ソフトの部分のサービスやマナーは

まだまだ遅れている。

 

店員はスマホをいじりながらレジに立ち

飲食の店員はテーブルに座りながら客を待つていたり。

日本と比べてもしょうがないんだけどね

街の建物が立派なだけに

すごいギャップ感じたな~。

 

中国は飲む文化なんで

「かんぺー」と言ったら

一気に飲むのがあちらの礼儀なんで

仕事が欲しい社長達は必死に飲んでいたなー(笑)

60度のお酒をストレートで飲んでいて

8人位で4~5本位空けてたね!!

それが三晩続いたので。。。すごいね!!

 

俺は飲めないので

通訳さんに言ってもらい難を逃れたけど

最初一杯は飲んだぜ!!

「んー 喉が焼けるぜぇ~」

 

食べきれないほどの料理が並び

羊を一頭さばいたらしく

生のレバーから見たことない部位やらが

バンバンテーブルに並び

アヒルや北京ダック、鳩やカエル

ダチョウまでもが。。。。

でも

味は

ほとんど

辛い!!

か、

味付けは無く

辛いソースを付けるか。。。

 

辛いのが苦手な俺は何を食べるんじゃーーーー!!

と、心の中で叫びつつ

きな粉餅風の上げ餅を食べたり

酸っぱ辛いマトン鍋を飲んだりしてましたよ。。。

 

繊細な日本料理が食べたい!!

ダシ文化の日本食最高だとしみじみと思った。

しばらく下痢が続いたよ、はい!

 

そんなダイナミックな「お・も・て・な・し」を三晩受けた。

最後の晩のお開きは夜中の1時だもんな~

久し振りの夜遊びでした!!

 

やっぱり現地の料理を堪能すると

海外を熱く感じるし

地元の人達の価値観に触れると

自分の常識なんてちっぱけなことに気づけるし

旅や料理は自分の価値観を一回り大きくしてくれる。

そんな中国旅でした!!

 

 

文仁。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です