こんな考え方が大好きです!!

 

性格リフォーム心理カウンセラー

心屋(こころや)です。

昨日は、落ち込んでいたのですが

こんなタイミングで、

朝から一日経営の勉強をしていました。

そんな中で、

自分のこれからの進む道、指針を

模索していたのですが、

経営のセミナーなのに

涙している僕がいました。

ドラッカーの質問「顧客は誰か」について、

「誰のために」

「誰を幸せにしたいのか」

をとことん考えていたときに、

ひとつはっきりしたことがあり、

それに気づいた瞬間に胸が一杯になりました。

何のために頑張っているのか

それを今度は、ビジョンとして

言語化していく過程において

もう一つはっきりしたことがあります。

それが、僕の一番やりたいことであり、

一番、伝え続けてきたこと。

それが

「誤解を解く」

ということです。

誤解を解く、とは何でしょうか。

 

僕は、すべての「問題」は、

「誤解」から始まっていると考えます。

誤解、とは

・勘違い

・誤解

・行き違い

・思い込み

・早合点

・被害妄想

・妄信

・決めつけ

など、頭の中にあるものです。

 

そもそも、僕が落ち込んでいたのも

「思い込み」が端を発しています。

これがなければ、何の問題もなかったものが

問題となって浮かび上がった。

僕だけの「問題」でした。

 

そして僕だけのはずの「問題」が

他人を巻き込んでしまうことがあるわけです。

「問題」というからには、どこかに「答え」がある。

逆に言うと「答え」を見つけるために「問題」がある。

「解答」という言葉の通り、それは「解く」のです。

 

何を解くのか、それが「誤解」です。

つまり「誤った理解」「ゆがんだ現実」「ゆがんだ思い込み」に対して

「真実」を解く、理解すること、これが

「思い込みが外れる」ということであり、「心のブレーキが外れる」ということです。

 

僕は、ずっと、この「ひとの頭の中にある誤解」を

解くことをやってきて、そしてこれからもやっていきたいと思うのです。

・あの人は、私のことをこう思っている「はず」

・こんなことしたら、怒られる「はず」

・自分は、こういう人間だ

・自分にはここまでしかできない、だって・・・

これらも、全部「誤解」なのです。

・親からこう思われている「はず」

・こんなことされたのは、こう思ったいる「はず」

・あれをしてくれないのは、こう思っているに「違いない」

という、誤解、勘違い、思い込み、早合点。

 

何年も何年も、じっと握りしめてきた「誤解」

 

実際は、そんなこと思ってもないし

ひとはそんなに悪意もない。

みんな何か「よかれ」と思ってやっていたり

「悪い」なんて思っていない。

ただ、生きてる。

 

・これをしないと、怒られる

・これをしないと大変なことになる

・お金を稼がないと生きていけない

・お金は使うと減っていく

この「誤解」が解かれた時、「世界」は変わるのです。

敵だらけだった自分の周りが、味方だらけになる。

嫌われていたと思っていた世界が、愛にあふれていることを知る。

怖がっていた虎が、猫だったことを知る。

これが「誤解を解く」です。

だから、僕がやりたいのは、

・心理療法でもなく

・カウンセリングでもない

ただ、この「誤解」を解くことができれば

世界は、変わる。

世界と言うのは「ワールド」という意味もあるけど

そんなことより「自分の中の世の中」が変わることが一番大事だと思うのです。

だから、カウンセリングも、心理療法も、NLPも

「それ」の素晴らしさを伝えたいのではなく、

「それ」らは、あくまでもただの一つの手段であって、

また、「それ」を行う人がすごいのでもなく、

「誤解」が解けた、「その人」が素晴らしさに気づけば

何でもいいと思うのです。

だから「これ」や「おれ」が素晴らしいなんて、関係ないと思うのです。

 

それが、絵を描くことや、書道や、歌や、スポーツや、

ヨガや、ファッションや、武道や、風水や、占いや、

それらの「誤解」を解いていくための手段が山ほどあるんだ、

と伝えていきたいのです。

 

それが、僕の「世界を変える」です。

 

「悟り」って、ある意味自己申告ですよね。

言ったもの勝ち、というか。

 

でも、それで本人がそれで幸せなら

「悟り」を開いていようがいようまいが、

そのひとにとって幸せであればいいと思うのですが・・・

 

これも同じだなぁと思ったのです。

つまり「悟り」とは「気付き」であり、

自分の知らなかった世界を知ることでもあります。

 

「覚醒」と書いてますね。

目覚める。

てぇことは

今僕たちは、寝てるんです。

悪夢を見てる人もたくさんいるんです。

・自分はダメだ

・嫌われている

・愛されてない

・自分はできない

という悪夢。

その悪夢に僕もうなされたのです。

 

悟り、って、心へん(りっしんべん)に吾(われ)と書きます。

吾の心を知る、ということですね。

 

ということは、

いままで「これが世界だ」「これが現実だ」「これが私だ」

という「誤解」が解けたわけです。

煩悩がなくなることや

何かを超越することでもなく

ただ、われ、たるを、しる。

ただ、わたしには、あるんだ、ということを知る。

あるのは

「自分が思っているより自分は素晴らしいんだ」

ということに気づくと言うこと。

 

と言うことは、ひとつひとつの気づき、というのは

ある意味「プチ悟り」なのかもしれませんね。

ということで、

昨日はちょっと2ミリぐらい悟りを開きました。

 

ということで、

今日から、ぢん・ブッダ・レノ と呼んでください。(呼ぶなよ

 

********

 

 

今までの視点は何だったんだ!!

自分の目を疑うほどの衝撃を受けたブログだった。

特にここが。。。

 

世界と言うのは「ワールド」という意味もあるけど

そんなことより「自分の中の世の中」が変わることが一番大事だと思うのです。

だから、カウンセリングも、心理療法も、NLPも

「それ」の素晴らしさを伝えたいのではなく、

「それ」らは、あくまでもただの一つの手段であって、

また、「それ」を行う人がすごいのでもなく、

「誤解」が解けた、「その人」が素晴らしさに気づけば

何でもいいと思うのです。

だから「これ」や「おれ」が素晴らしいなんて、関係ないと思うのです。

 

それが、絵を描くことや、書道や、歌や、スポーツや、

ヨガや、ファッションや、武道や、風水や、占いや、

それらの「誤解」を解いていくための手段が山ほどあるんだ、

と伝えていきたいのです。

 

それが、僕の「世界を変える」です。

 

*************

 

 

まさに、正にその通り!!

と、

ココロで何度も何度も頷いたし

救われた時期でしたね。

なんかしらけど

読みたくなったので

紹介しました。

 

文仁。

 

男の子に戻る旅

女の子に戻る旅

「そんなルート66」

自分中の豊かさを感じるキャンプ!!

キャンプ場。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です