プータローでも結婚できる!! FINAL

昨日の続きです!

 

次の日代表に辞めることを告げ、

彼女と結婚する事にした。

 

ここまでは勢いでできたけど、

東京に帰ったら

彼女の両親に会わなければならない。。。

 

ん~

二人ともプータローだぞーーーー(笑)!!

ご両親になんて言えばいいんだろ。。。。

 

 

数日後、、、

親に会う日がきました!!

 

全く自信が無かったので、

認めてもらわなくても

2人が良ければいいかな~

程度の気持ちで挑みました!!

 

TVドラマ程度のイメージしかなかったので、

「娘さんを僕に下さい」

「頼んだぞ」

的な感じを想像していたんだけど。。。

 

 

実際は。。。

 

俺・・・「結婚を前提に付き合いたいので同棲させてください」。

 

義理の父・・・「どこに住むの?」

 

俺・・・「柏周辺で賃貸を探そうと思ってます」

 

義理の父・・・「それなら茨城に家があるから、そこに住んだらいいよ」

 

俺・・・「これから仕事を探さないといけないので、東京に近い方がいいかと」

 

義理の父・・・「好きな仕事が見つかるまで、仕事はしなくてもいいんじゃない」

 

 

ん!!

 

なんか想像していた会話と

余りにも違い過ぎて、

倒れそうになった(笑)

 

 

仕事も決まってない、

住む所も決まってない僕達に、

住む所を提案してくれて

仕事も今すぐしなくてもいい。。。

 

 

これで結婚OKなのか???

 

ご両親と別れたあと

妻に聞いた、

 

「最後の最後まで結婚OKの話が出なかったけど、OKなのかな?」

 

妻・・・「ダメって言ってなかったからいいんじゃない」

 

 

TVドラマの様に

「貴様のような奴に家の娘はやらん!!」

をイメージして望んだだけに、

こんな感じで「結婚」が進むことに、

肩の力が抜けたような~

気持ちいい脱力感だったことを思い出すよ。

 

しばらくは茨城の一軒家で生活をスタートしたんだけど、

結婚したことを知った仲間達が気を遣ってくれて、

仕事を紹介してくれたんだ。

「結婚したのにプータローじゃカッコ悪いだろ」っと

ほとんどの人達に言われてね!

結婚祝いも兼ねているんだろうけど、

焦ってないのでほとんどお断りをして

「バイトでもいいなら行きます」程度でゆっくりと

仕事探していたら。。。

 

なんと、

 

「高円寺」で仕事をすることに!!

 

茨城から片道たっぷりと2時間かかる。

さすがに通えなくなり

引っ越しを考えていたら、

義理のお父の提案で。。。

 

「一緒に住んで、ここから通ったらいいよ」。

 

 

ん!!

 

マスオさんになるのか!!

名字が変わるのか!?

なんて頭をよぎったので、

義理のお父とちゃんと話をした結果。

 

一緒に住むことになった。

 

そんなある朝のこと。。。

仕事に行くため玄関に向かうと、

義理のお父が靴を磨いていた。

なんで、朝から靴磨き?

なんて思っていたら

なんと、

俺の革靴を磨いていた!!!!!

 

驚きと

驚きしかなく、

ピカピカになった革靴を履いて

有難くおもった。

 

そして、

次の日ワイシャツを着た時に

ビシッとアイロンがかかっていたので、

妻にお礼をいったら。。。

 

「お父がしてるんだよ」

なにーーー!!!!!

 

なんで妻がしないのか聞いたら、

「お父さんの趣味はアイロンがけなんだよ」

 

マジかーーー!!!

 

こんな感じの生活が2年以上続いた

素敵な義理のお父です!

17年以上経った今でも

尊敬する大人として家族として

過ごしています。

 

 

結婚は条件の照らし合わせじゃなく、

人として好きか

人として素敵か

人として魅力的か

容姿も大事だと思うけど、

一人の人間として

ひとつ屋根の下で

「ありがとう」

「ごめんなさい」

を素直に言える妻は、

マジ素敵な人です^^

 

結婚も恋愛もシンプルだっと想う。

そばに居てくれるだけで「ありがとう」

間違ってしまったら、、「ごめんなさい」

 

それを自然できる「妻」

そばに居てくれて「ありがとう!」

 

 

義理のお父サンタです(笑)↓

 

 

文仁。

 

 

COME ON! JOIN US!!

 

7月21日22日

★ 真夏の裏庭BBQ「初めました!」

 

 

旅仲間を募集中^^

AMERICAをキャンピングカーで一緒に旅しない!

★ 【アメリカをキャンピングカーで走りながら自分を知る旅】の冒険概要!!

7月3日「柏の葉キャンパス」15時頃に本物のキャンピングカーが来ます!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です