17/47 大阪府 OSAKA
これまでの荒井家は。 ある耐え難い事がきっかけとなり人生は無常で儚いと悟り、勇気を持って、やりたいコトをやって、やりたくないコトをやめる!っと覚悟し、自分にとって本当は大して必要でもない所謂成功、お金、名誉、承認、愛情、媚(コビ)、無理(ムリ)、拗ね(スネ)、罪悪感、劣等感、無価値感などの主成分で配合された殆どのコトを削ぎ落し、自由をテーマに、バカでかいアメリカをバカデカいキャンピングカーでバカデカい気持ちの家族と横断。さらに勇気を振り絞り、本当は必要でもない殆どのコトを削ぎ落し、勇気をテーマに日本を縦断中!!
8/15 現在 残金:308,012円
OUT
なんか知らんけど出ていったお金: 484,988円
IN
なんか知らんけど入ってきたお金: 103,000円

食い倒れの町、大阪は人情の町でもあった!

相変わらずお盆で宿が見つからないまま本州に戻ろうとした僕ら。

香川ではなんとなーく「車中泊しまーす」と言って、そこにあたたかく声をかけてきてくれた方に甘えることができたけど。

今回は自分から勇気を出して、「誰か泊めてください!」とお願いしたんだ。

そしたら、なんと!

たくさんの人が僕のそのお願いをシェアしてくれて…!!

それを目にした大阪の女医さんが手を上げてくれたんだ!!!

僕の勇気が、みんなの勇気で広まって、彼女の勇気に届いた!!

超うれしい!超ありがとう!!

 

 

「女医」と聞いて、最初は身構えてしまった僕。

木を見て森を見ず、なんていうけれど。

森を見て木を見ないのもよくない。

僕は医者とかインテリとかエリートとか、そんな「森」ばかり意識していたけど。

「木」を一本一本見ていくと、まるっきりイメージと違う個性があったり、勝手な期待は結局勝手だったと気づいたり、人それぞれなんだけど特別ってわけでもない人間臭さを感じたり。

彼女はすごくさっぱりしていて、面白くて、医者で、母親で、一人の素敵な人だった。

そう知ることができた後は、僕自身も等身大で接することができた。

人は会ってみて、話してみないとわからないもんだよ!

 

まだまだこの旅でいろんな人と会えそうで、それが楽しみだ。

 

次は奈良県だ。

 

出会ったもの

勝手に回るたこ焼き器、茶色の大きいワンちゃん

A RAIFUMIHITO をご覧頂き、誠にありがとうございます。心より御礼申し上げます。

現在荒井はあらゆる雑念を排し、本当は大して必要でもない殆どの事を手放し、勇気をテーマに日本を縦断しており、今後もより一層やりたい事をやってやりたくない事をやめる事に専念させたい為、ご支援、ご声援、ご質問はこちらまでお願い致します。

皆様方のご要望に添えますよう、これからも努力してまいりますので、今後ともご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

マネジメントチーム
▼ 今回の旅のテーマ ▼